リーダーがミスをした場合

自分のミスを皆に伝えるということにより、リーダーとして信頼されなくなるのでは?と思うかもしれませんが、案外逆だったりするのです。自分のミスを部下やチームの皆に伝えて、こういう時にはこういう対処法があるというように教えるのも、部下にとっては信頼しやすいリーダーと言えるでしょう。
自分のミスは、出来れば隠したいと思う人が多いはずです。リーダーという立場だからこそ、出来るだけミスは人に見せないようにしたいですよね。でも、それを隠すことよりも、同じ間違いを部下にしてほしくないという思いを持っているからこそ、自分のミスや失敗を伝えることは実はとても必要なことなのです。
ただ、それが何度も行われると「この人についていくのが不安…」と思われてしまうので、ごくたまにそういったことでミーティングをひらくことが望ましいでしょう。こういう思いを持っていたけれど、結果としてはミスにつながってしまったということに再びならないように、ミーティングをするようにしましょう。
そうすると、部下の方もミスをしたことを伝えやすくなるのです。そして、皆で力を合わせてやっていこうという団結力もアップします。仕事をしていくということは、本来孤独感を感じることが多いものです。
でも、それがリーダーの振る舞い次第で変わってくることもあります。リーダーがもっと自分らしさを出して、ミスをした時はそれをポジティブに伝えていくことで、職場の雰囲気がかなり変わってくることでしょう。

Leave a Reply